難民の今 > シリア(2019.01.23更新). ヨーロッパ諸国に大量の「難民」が押し寄せ、現地のドイツ人やフランス人との対立が浮き彫りになり、大混乱を招いていますが、そもそも「難民」とは何なのか?移民とはどう違い、難民にはどのような問題があるのか?難民問題について調査したので、分かったこ 紛争や迫害によって移動を強いられた人 —– 7080万人. 紛争 、 飢え 、そして 病気 によって何百万人もの子どもたちの命が脅かされています。. 国連によると、シリア国内では、1350万人が緊急人道支援を必要としています。また、2016年末までに国内で避難する人の数が870万人に上ると見られています。 アフガニスタンにおけるもう一つの大きな問題は、女性が妊娠によって命を失っていくといった現状です。女性の死亡者の40%が妊娠あるいは出産の時に命を失っています。これは世界でも一番高い数字で … 日本は現在も難民を受け入れているのか、気になるところです。難民問題に対する日本の現状と課題をまとめました。 国境を越える難民. 難民とは、1951年の「難民の地位に関する条約」によって「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」者と定義されています。, ただし今日では、武力紛争の被害を避けるために他国に逃れた人々など、上記の理由に含まれていない場合でも、広義の難民ととらえる考え方が広まっています。, ですが難民というと、どこか遠くの話と思われがちです。報道の場においても移民と難民を混同するケースが目立つほか、最近では「帰宅難民」や「買い物難民」のように、難民という言葉が定義とはほど遠い使われ方をされることも少なくありません。, このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。, ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら, 日本の難民受け入れ体制は海外の基準とは異なる点が多く、日本の難民問題を理解するためには、現状を詳しく知っておく必要があります。, そこで1章では日本の難民受け入れに関するデータを紹介しながら、日本の難民受け入れの基本的知識と、その特徴的な点について説明していきます。, 前述のように、現在日本には年間1万人以上の難民申請者が訪れていますが、そのなかでいったい何人が難民として認定されているのでしょうか?, 平成30年度のデータによると、日本で難民として認定された人数はわずか42人。難民認定率は0.4%という低さです。難民申請者の人数から考えると、非常に少ない数となっています。なぜこれほど日本の難民認定が厳しいのかについては、のちほど説明します。, 平成30年度の日本における難民申請者の国籍は74か国にわたり、ネパール、スリランカ、カンボジア、フィリピン、パキスタンが申請者数の上位5か国となっています。, また日本では、難民として認定されなかった者が「人道的配慮による在留特別許可」を与えられることがあり、40人がこのケースに該当しました。, つまり、「人道的配慮による在留特別許可」も含めると、難民認定の手続きの結果日本が受け入れた外国人は、合計82人(平成30年)ということです。, 人道的配慮による在留特別許可は、難民申請が認められなかった人に対し、「人道上の観点から日本に在留することを特別に許可する」という日本特有の制度ですが、日本語教育や就職あっせん等の支援を受けられないなど、正規の難民とは大きな差があります。, また、許可の基準は公になっておらず、法務省の裁量に任されており、本来正規の難民として認定されるべき人が人道的配慮による在留許可で済まされているという批判があります。, 参考:根元かおる『日本と出会った難民たち――生き抜くチカラ、支えるチカラ』(英治出版), 日本における難民認定の厳しさに驚かれた方も少なくないと思います。では、他国ではどうなっているのでしょうか?, (参考:「G7+韓国の難民認定数と認定率」難民支援協会 https://www.refugee.or.jp/jar/report/2019/07/17-1200.shtml最終閲覧日2019年12月12日), このデータを見ると、やはり日本の難民認定率が突出して低いことがわかります。日本の難民認定は他国に比べて非常に厳しいものであるといえるでしょう。, よく知られていることではありますが、ヨーロッパの難民問題は日本とは比べものにならない規模のものです。詳しくは以下の記事で解説しています。. By. ドイツが抱え込んだ「在日」問題 2015年にドイツの難民無制限受け入れが始まったとき、シリア人は涙を流して感謝し、ドイツ人は自分が正しい事をしていると思っていた。 だが僅か3ヵ月後には、難民とドイツ人は憎み会い、大晦日にケルン事件が発生した。 2019年移民数(注19) 2018年難民数(注20) 2019年再定住受付数(注21) 1: アメリカ: 5,066万人: 31万3千人: 24,808人: 2: ドイツ: 1,313万人: 106万4千人: 9,640人: 3: イギリス: 955万人: 12万7千人: 3,507人: 4: フランス: 833万人: 36万8千人: 3,307人: 5: カナダ: 796万人: 11万4千人: 14,624人: 6: イタリア: 627万人: 18万9千人: 413人: 7 ミャンマーの人種差別ともいうべきなのかよくわかりませんが、ロヒンギャ問題というのを2017年の大虐殺で知り、ロヒンギャ問題に目を向けるようになりました。現在も、沢山のロヒンギャ難民がいるようですが、今後どうなっていくのでしょうか? 日本において、2019年に難民認定申請を行った外国人は10,375人、認定を受けた人は44人で、認定率にすると0.4%でした。 ちなみに2014年〜2018年の5年間の申請者数、認定者数、認定率などをリスト化すると以下の通りで、認定数・認定率のどちらを見ても他の先進国と比較して著しく低い数 … 2019年、外国人労働者の受け入れに関する改正法が施行され、日本でも移民に関する関心が高まりを見せています。移民をめぐる議論は、ヨーロッパやアメリカでも近年特に活発化しています。この記事では、移民とは何かを解説し、日本と諸外国が抱えている移民問題と移民政策、そして移民問題の解決に向けた課題を順にご紹介します。, 移民と難民はしばしば同様のものとして扱われますが、皆さんは移民と難民がどのように区別されるかご存知でしょうか。まずは移民の定義を確認し、難民との違いを明確にしましょう。, 国際的な人の移動に関する活動を行う国連機関である国際移住機関(IOM)によると、移民とは、本人の法的地位や移動の自発性、理由、滞在期間にかかわらず、「本来の居住地を離れて、国境を越えるか、一国内で移動している、または移動したあらゆる人」のことを指します(注1)。, 移民の大多数は、仕事や家族、勉学などに関する理由で移住します。その一方で、紛争や迫害、災害といったように、避けがたい理由によって移動を余儀なくされる人々もいます(注2)。, 移民のうち、紛争や迫害など、自発的でない理由で移動を強いられる人々を、難民や国内避難民と呼びます(注3)。難民とは国境を越えて移動した人、国内避難民とは国境を越えず居住地と同じ国の中で移動した人を指します。つまり、難民と移民は別個のものではなく、移民の中の一部の人々を難民と呼ぶのです。, ニュースなどで移民が話題にのぼるときに、「不法移民」という単語を聞くこともあるかと思います。不法移民という言葉は、一般に不法滞在者のことを指して使われます。不法滞在者とは、不法に入国し、在留資格のないままその国に留まっている人、または、合法的な在留期間を過ぎ、在留資格を失った後もその国に留まっている人のことを言います(注4)。, 人が移動するのに伴って、受け入れ側の社会にも様々な変化が生じます。移民に関連して起こる色々な変化のうち、好ましくない側面の強いものを、ひとまとめに「移民問題」と呼んで議論することがあります。今、世界でどのような移民問題が起きているのか、地域別に見ていきましょう。, 移民問題として議論される課題は多岐に渡ります。特に不法移民に関しては、安全保障や犯罪と関連付けた報道や政策議論が多く見られます。合法的な移民や難民についても、受け入れ国の社会への統合という視点で、ますます議論が活発化しています。一方で、アントニオ・グテーレス第9代国連事務総長自らが「私たちは移民に関し、有害で誤った発言を多く耳にします」というコメントを発しているように、しばしば客観的でない情報が流布されていることに留意する必要があります(注5)。, ヨーロッパでは、2015年に「欧州難民危機」と呼ばれる大量の難民の流入が起こりました。主に中東地域やアフリカから、規定の手続きを踏まずに海や国境を越えて移動する人々が多数見られたことから、難民や移民の受け入れに反対する動きが各地で起こりました。例えばハンガリーでは、不法入国を阻止するためにセルビアとの国境に鉄条網が設置されました。さらに、この時期から、ドイツ、フランス、イギリス、スウェーデン、フィンランドなどを含む多くの国で、移民排斥や移民関連の規制強化を訴える政党が議席を伸ばすなど、急速に存在感を増しました。このような排外主義の強まりの背景として、移民に職を奪われる、あるいは社会保障制度への負担となる、といった懸念を抱く人々の存在が指摘されています。さらに、移民問題は欧州連合(EU)としての共通政策、ひいては欧州連合の連帯にも影響を及ぼしており、ヨーロッパにおいてはとりわけ重大な関心事項であると言えます(注6)。, 移民が多いことで知られるアメリカには、2017年時点で4,440万人の移民が暮らしており、これは全人口の13.6%に当たります。移民の数は1970年代から一貫して増加を続けており、2017年時点の移民数は、1970年の実に4.6倍以上に増えています(注8)。こうした背景も手伝ってか、アメリカでは、メキシコ国境から入国する不法移民についての議論が活発です。日本でも広く報道されているとおり、現在メキシコとの国境を隔てる壁の建設が進められています。さらに、アメリカ政府は、メキシコ、ホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの政府との間で不法移民の抑制についての合意を結ぶなど、規制強化を進めています(注7)。2017年時点で、アメリカで暮らす全ての移民の23%に当たる1,050万人が不法移民だと言われています。ただし、移民全体の数が増えている一方で、不法移民の数は2007年をピークに年々減少しています(注9)。, 日本では、移民は基本的に労働力として扱われ、本来の意味での移民政策が存在しないとも言われます。これを裏付けるように、2018年に、首相が国会答弁において「政府としては、例えば、国民の人口に比して、一定程度の規模の外国人を家族ごと期限を設けることなく受け入れることによって国家を維持していこうとする政策については、専門的、技術的分野の外国人を積極的に受け入れることとする現在の外国人の受入れの在り方とは相容れないため、これを採ることは考えていない」と回答しています(注10)。また、日本は主要先進国と比べて難民の受け入れ数が非常に少ないことが知られていますが、他国と比べて難民認定の基準が厳しいことを、国連難民高等弁務官からも指摘され、改善を促されています(注11)。, 以上のように、地域によって、移民に関する様々な課題を抱えています。それでは、現在どのような移民政策が実施されているのか、諸外国と日本の例を見ていきましょう。, 2012年から、ヨーロッパ諸国では「EUブルーカード」という高資格の外国人労働者向けの滞在許可証が発行されるようになりました。大卒で高収入の職が保証されている人、また理工系の高度資格保有者、医師などは、滞在許可の条件が優遇され、永住権の申請条件も優遇されます(注12)。このように、高度な専門性を有する外国人人材の受け入れを積極的に行っている一方で、移民の受け入れに対する規制強化も進んでいます。難民危機の折に、率先して寛大な難民受け入れ政策を打ち出したのがドイツです。2015年、メルケル首相が大規模な難民受け入れを宣言し、1年間で100万人近い難民がドイツに流入しましたが、移民排斥を訴える勢力が台頭するなど政治的混乱が生じました。与野党の対立を背景に、2018年には、移民の受け入れや家族の呼び寄せを制限する政策が採用されました(注13)。フランス政府は、2019年11月に「移民・難民・同化政策の改善に向けた20の政策措置」を発表しました。主な政策として、難民審査機関の大幅増員、難民や不法移民向けの医療援助制度の厳格化、そして外国人人材の積極的受け入れに向けたクオータ制の導入などが挙げられます。審査機関の増員によって難民審査を迅速化するとともに不法滞在者を速やかに国外退去させることにつなげ、さらに、制度の厳格化によって社会保障制度が不当に搾取されることを防ぐのが狙いです。クオータ制では、国内で人材が不足している産業分野で、能力ごとに受け入れ人数を定めて移民を受け入れる計画です(注14)。アメリカでは、不法移民対策が強化されると同時に、難民の受け入れ数が顕著に減少しています。2017年以降、メキシコ国境の警備強化が繰り返され、2018年には、メキシコ国境から違法に入国した者を例外なく起訴するという政策が打ち出され、他にも、強制送還の対象が拡大されるなど、ここ数年で不法移民への取り締まりが強化されています(注15)。これと並行して、難民受け入れの一時停止、難民による再定住申請の審査の厳格化、再定住難民の受け入れ枠の削減などが実施されました(注16)。また、移民による家族の呼び寄せを大幅に制限し、ヨーロッパ諸国と同様、高度な能力や学歴を有し経済的に自活できる人材を選択的に呼び込む方針に転換しています(注17)。, 日本では、2019年4月から「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が施行されました。一般に「改正入管法」と呼ばれているこの法律が、事実上の「移民法」であると言われています。この法改正により、人材が不足している産業分野での技能を有する外国人人材向けに「特定技能」という新たな在留資格が創設されました(注18)。人手不足の解消につながる外国人人材を積極的に受け入れるという点で、諸外国の移民政策と方向性は同じであると言えます。他方で、在留期間に5年の上限があり、ヨーロッパのブルーカードのように永住に向けた優遇措置が定められていないこと、また特に熟練した人材以外は家族の帯同が認められないことなどから、あくまでも労働力としての一時的な滞在を想定していることが伺えます。, 国際連合経済社会局(UN DESA)と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が公開しているデータを使って、ヨーロッパ及び北米で移民の多い10カ国と日本について、国内にいる移民数と難民数、そして2019年にUNHCR経由で第三国定住の審査を行った難民数を表にまとめました。第三国定住(再定住)とは、出身国外で難民認定を受けてキャンプ等で暮らしている難民を、先進国を中心とする第三国に定住させる取り組みです。, 移民に関連して、地域によって異なる問題に直面し、それぞれの国が実情に合った政策を通して解決を図ろうとしていることがわかりました。今後、移民問題を解決に導いていくために、どういった取り組みが必要なのでしょうか。, 移民の中には、母国で十分な稼ぎを得られないために、出稼ぎ労働者として他国へ移住する人々も多く含まれます。こうした人々は、移住を試みる過程で人身売買の被害に遭ったり、密入国あっせん業者によって非人道的な扱いを受けたりする危険性もあります。無事に目的の国に入国できた場合でも、合法的な在留資格を得られなければ、不法移民として弱い立場に置かれてしまいます。このように、経済的困窮などを理由に危険を冒して他国への移住を試みる必要がなくなるよう、低所得国などに継続的な開発支援を行うことが望まれます。教育や就業の機会を拡大し、自国でも十分に生活していける環境を整えることで、移民の流出を抑えることにつながります。, 難民や国内避難民など、強制的に移動を強いられる人の数は年々増加し、2018年末時点で7千万人を超えています(注22)。近隣国や先進国などが難民認定を行い、移民として自国に定住させることで、こうした人々が安心して新たな生活を始めることができるようになります。日本のように、地理的な条件などによって難民が直接流入しにくい先進国も、第三国定住の受け入れなど、地理的制約を受けない取り組みを通して難民の受け入れを行っています。, 難民への支援は「受け入れ」だけではありません。ワールド・ビジョンでは、難民支援募金を通じて、シリア難民や南スーダン難民など、多くの難民に対して支援を行なっています。より多くの難民へ支援を届けるため、皆さまの難民支援へのご協力をお待ちしています。難民支援にご協力くださいあなたの難民への理解が、世界を一歩前進させます。ぜひ、この機会に「難民支援募金」へのご協力をお願いします。, ※1 IOM:「移民」の定義 ※2 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※3 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※4 法務省:退去強制業務について 10頁 ※5 国際連合広報センター:国際移住者デー(12月18日)に寄せる アントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ ※6 国際貿易投資研究所:欧州の反グローバリズム台頭の背景 -経済格差、難民危機、エリート・大衆、ポピュリズムという要因- ※7 The White House:The Trump Administration's Immigration Agenda Protects American Workers, Taxpayers, And Sovereignty ※8 Pew Research Center:Facts on U.S. 日々のニュースで取り上げられないことがないほど、世界中で深刻化している難民問題。遠い海外の話と思われがちですが、日本にも2017年には年間2 難民問題は難民危機とも言われ、やむを得ず自国を離れた難民や国内避難民が生まれ、その結果として引き起こされる社会的または政治的な危機を指します。 さらに、住んでいた場所を追われ、難民または国内難民が避難中に起こる問題、そして安全な受け入れ先到着後に起こるできごとまでを含む場合もあります。 要約すれば難民または国内避難民に関する問題すべてを扱う言葉だと思ってもらうといいでしょう。 現在、世界の … EU News 33/2019 <日本語仮抄訳>3月の欧州理事会を前に、欧州委員会は本日、移民・難民問題への対処について、過去4年間の進捗状況を確認するとともに、緊急を要する、もしくは将来的に直面するであろう課題に対応するために依然として必要な措置を打ち出した。 難民問題とは何なのでしょうか?難民問題の現状や原因などを把握してこの問題に対する理解を深め、解決策を模索する手がかりにしてください。世界には祖国に住み続けることが叶わず、止むを得ず故郷を離れて海外を目指す「難民」が多くいます。特に近年は、各 ――2015年以降、ドイツが受け入れた難民・移民の数は何人か。正確に答えるのは難しいが、2015年9月以降の1年間で約80万人が入ってきたといえる。 難民問題とは、難民の保護・救済に関する問題です。主な原因は政治的な紛争や内戦、人種差別、宗教問題、自然災害などがあります。 難民問題は各国の状況によって異なるため、世界の難民の現状と生活についてわかりやすく解説します。 難民の定義、難民の現状、日本の難民支援などについて。AAR Japan[難民を助ける会]は1979年に日本で生まれた、政治・宗教・思想に偏らない国際NGOです。緊急支援・障がい者支援・地雷対策・感染症対策・啓発(国際理解教育)を中心に活動しています。 カトリック 教え 子供, オリックス 背番号 歴代 9, 日本サッカー 育成 課題, オリックス 抑え 2020, リオネル メッシ 年俸, スーパーホテル松本 天然温泉 諏訪の湯, 宇宙兄弟 主題歌 歴代, 日本シリーズ Mvp 480, キャップ 似合わない 顔でかい 女, プロ野球 寮 飯, ウイニングポスト9 子供 進路, " /> 難民の今 > シリア(2019.01.23更新). ヨーロッパ諸国に大量の「難民」が押し寄せ、現地のドイツ人やフランス人との対立が浮き彫りになり、大混乱を招いていますが、そもそも「難民」とは何なのか?移民とはどう違い、難民にはどのような問題があるのか?難民問題について調査したので、分かったこ 紛争や迫害によって移動を強いられた人 —– 7080万人. 紛争 、 飢え 、そして 病気 によって何百万人もの子どもたちの命が脅かされています。. 国連によると、シリア国内では、1350万人が緊急人道支援を必要としています。また、2016年末までに国内で避難する人の数が870万人に上ると見られています。 アフガニスタンにおけるもう一つの大きな問題は、女性が妊娠によって命を失っていくといった現状です。女性の死亡者の40%が妊娠あるいは出産の時に命を失っています。これは世界でも一番高い数字で … 日本は現在も難民を受け入れているのか、気になるところです。難民問題に対する日本の現状と課題をまとめました。 国境を越える難民. 難民とは、1951年の「難民の地位に関する条約」によって「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」者と定義されています。, ただし今日では、武力紛争の被害を避けるために他国に逃れた人々など、上記の理由に含まれていない場合でも、広義の難民ととらえる考え方が広まっています。, ですが難民というと、どこか遠くの話と思われがちです。報道の場においても移民と難民を混同するケースが目立つほか、最近では「帰宅難民」や「買い物難民」のように、難民という言葉が定義とはほど遠い使われ方をされることも少なくありません。, このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。, ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら, 日本の難民受け入れ体制は海外の基準とは異なる点が多く、日本の難民問題を理解するためには、現状を詳しく知っておく必要があります。, そこで1章では日本の難民受け入れに関するデータを紹介しながら、日本の難民受け入れの基本的知識と、その特徴的な点について説明していきます。, 前述のように、現在日本には年間1万人以上の難民申請者が訪れていますが、そのなかでいったい何人が難民として認定されているのでしょうか?, 平成30年度のデータによると、日本で難民として認定された人数はわずか42人。難民認定率は0.4%という低さです。難民申請者の人数から考えると、非常に少ない数となっています。なぜこれほど日本の難民認定が厳しいのかについては、のちほど説明します。, 平成30年度の日本における難民申請者の国籍は74か国にわたり、ネパール、スリランカ、カンボジア、フィリピン、パキスタンが申請者数の上位5か国となっています。, また日本では、難民として認定されなかった者が「人道的配慮による在留特別許可」を与えられることがあり、40人がこのケースに該当しました。, つまり、「人道的配慮による在留特別許可」も含めると、難民認定の手続きの結果日本が受け入れた外国人は、合計82人(平成30年)ということです。, 人道的配慮による在留特別許可は、難民申請が認められなかった人に対し、「人道上の観点から日本に在留することを特別に許可する」という日本特有の制度ですが、日本語教育や就職あっせん等の支援を受けられないなど、正規の難民とは大きな差があります。, また、許可の基準は公になっておらず、法務省の裁量に任されており、本来正規の難民として認定されるべき人が人道的配慮による在留許可で済まされているという批判があります。, 参考:根元かおる『日本と出会った難民たち――生き抜くチカラ、支えるチカラ』(英治出版), 日本における難民認定の厳しさに驚かれた方も少なくないと思います。では、他国ではどうなっているのでしょうか?, (参考:「G7+韓国の難民認定数と認定率」難民支援協会 https://www.refugee.or.jp/jar/report/2019/07/17-1200.shtml最終閲覧日2019年12月12日), このデータを見ると、やはり日本の難民認定率が突出して低いことがわかります。日本の難民認定は他国に比べて非常に厳しいものであるといえるでしょう。, よく知られていることではありますが、ヨーロッパの難民問題は日本とは比べものにならない規模のものです。詳しくは以下の記事で解説しています。. By. ドイツが抱え込んだ「在日」問題 2015年にドイツの難民無制限受け入れが始まったとき、シリア人は涙を流して感謝し、ドイツ人は自分が正しい事をしていると思っていた。 だが僅か3ヵ月後には、難民とドイツ人は憎み会い、大晦日にケルン事件が発生した。 2019年移民数(注19) 2018年難民数(注20) 2019年再定住受付数(注21) 1: アメリカ: 5,066万人: 31万3千人: 24,808人: 2: ドイツ: 1,313万人: 106万4千人: 9,640人: 3: イギリス: 955万人: 12万7千人: 3,507人: 4: フランス: 833万人: 36万8千人: 3,307人: 5: カナダ: 796万人: 11万4千人: 14,624人: 6: イタリア: 627万人: 18万9千人: 413人: 7 ミャンマーの人種差別ともいうべきなのかよくわかりませんが、ロヒンギャ問題というのを2017年の大虐殺で知り、ロヒンギャ問題に目を向けるようになりました。現在も、沢山のロヒンギャ難民がいるようですが、今後どうなっていくのでしょうか? 日本において、2019年に難民認定申請を行った外国人は10,375人、認定を受けた人は44人で、認定率にすると0.4%でした。 ちなみに2014年〜2018年の5年間の申請者数、認定者数、認定率などをリスト化すると以下の通りで、認定数・認定率のどちらを見ても他の先進国と比較して著しく低い数 … 2019年、外国人労働者の受け入れに関する改正法が施行され、日本でも移民に関する関心が高まりを見せています。移民をめぐる議論は、ヨーロッパやアメリカでも近年特に活発化しています。この記事では、移民とは何かを解説し、日本と諸外国が抱えている移民問題と移民政策、そして移民問題の解決に向けた課題を順にご紹介します。, 移民と難民はしばしば同様のものとして扱われますが、皆さんは移民と難民がどのように区別されるかご存知でしょうか。まずは移民の定義を確認し、難民との違いを明確にしましょう。, 国際的な人の移動に関する活動を行う国連機関である国際移住機関(IOM)によると、移民とは、本人の法的地位や移動の自発性、理由、滞在期間にかかわらず、「本来の居住地を離れて、国境を越えるか、一国内で移動している、または移動したあらゆる人」のことを指します(注1)。, 移民の大多数は、仕事や家族、勉学などに関する理由で移住します。その一方で、紛争や迫害、災害といったように、避けがたい理由によって移動を余儀なくされる人々もいます(注2)。, 移民のうち、紛争や迫害など、自発的でない理由で移動を強いられる人々を、難民や国内避難民と呼びます(注3)。難民とは国境を越えて移動した人、国内避難民とは国境を越えず居住地と同じ国の中で移動した人を指します。つまり、難民と移民は別個のものではなく、移民の中の一部の人々を難民と呼ぶのです。, ニュースなどで移民が話題にのぼるときに、「不法移民」という単語を聞くこともあるかと思います。不法移民という言葉は、一般に不法滞在者のことを指して使われます。不法滞在者とは、不法に入国し、在留資格のないままその国に留まっている人、または、合法的な在留期間を過ぎ、在留資格を失った後もその国に留まっている人のことを言います(注4)。, 人が移動するのに伴って、受け入れ側の社会にも様々な変化が生じます。移民に関連して起こる色々な変化のうち、好ましくない側面の強いものを、ひとまとめに「移民問題」と呼んで議論することがあります。今、世界でどのような移民問題が起きているのか、地域別に見ていきましょう。, 移民問題として議論される課題は多岐に渡ります。特に不法移民に関しては、安全保障や犯罪と関連付けた報道や政策議論が多く見られます。合法的な移民や難民についても、受け入れ国の社会への統合という視点で、ますます議論が活発化しています。一方で、アントニオ・グテーレス第9代国連事務総長自らが「私たちは移民に関し、有害で誤った発言を多く耳にします」というコメントを発しているように、しばしば客観的でない情報が流布されていることに留意する必要があります(注5)。, ヨーロッパでは、2015年に「欧州難民危機」と呼ばれる大量の難民の流入が起こりました。主に中東地域やアフリカから、規定の手続きを踏まずに海や国境を越えて移動する人々が多数見られたことから、難民や移民の受け入れに反対する動きが各地で起こりました。例えばハンガリーでは、不法入国を阻止するためにセルビアとの国境に鉄条網が設置されました。さらに、この時期から、ドイツ、フランス、イギリス、スウェーデン、フィンランドなどを含む多くの国で、移民排斥や移民関連の規制強化を訴える政党が議席を伸ばすなど、急速に存在感を増しました。このような排外主義の強まりの背景として、移民に職を奪われる、あるいは社会保障制度への負担となる、といった懸念を抱く人々の存在が指摘されています。さらに、移民問題は欧州連合(EU)としての共通政策、ひいては欧州連合の連帯にも影響を及ぼしており、ヨーロッパにおいてはとりわけ重大な関心事項であると言えます(注6)。, 移民が多いことで知られるアメリカには、2017年時点で4,440万人の移民が暮らしており、これは全人口の13.6%に当たります。移民の数は1970年代から一貫して増加を続けており、2017年時点の移民数は、1970年の実に4.6倍以上に増えています(注8)。こうした背景も手伝ってか、アメリカでは、メキシコ国境から入国する不法移民についての議論が活発です。日本でも広く報道されているとおり、現在メキシコとの国境を隔てる壁の建設が進められています。さらに、アメリカ政府は、メキシコ、ホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの政府との間で不法移民の抑制についての合意を結ぶなど、規制強化を進めています(注7)。2017年時点で、アメリカで暮らす全ての移民の23%に当たる1,050万人が不法移民だと言われています。ただし、移民全体の数が増えている一方で、不法移民の数は2007年をピークに年々減少しています(注9)。, 日本では、移民は基本的に労働力として扱われ、本来の意味での移民政策が存在しないとも言われます。これを裏付けるように、2018年に、首相が国会答弁において「政府としては、例えば、国民の人口に比して、一定程度の規模の外国人を家族ごと期限を設けることなく受け入れることによって国家を維持していこうとする政策については、専門的、技術的分野の外国人を積極的に受け入れることとする現在の外国人の受入れの在り方とは相容れないため、これを採ることは考えていない」と回答しています(注10)。また、日本は主要先進国と比べて難民の受け入れ数が非常に少ないことが知られていますが、他国と比べて難民認定の基準が厳しいことを、国連難民高等弁務官からも指摘され、改善を促されています(注11)。, 以上のように、地域によって、移民に関する様々な課題を抱えています。それでは、現在どのような移民政策が実施されているのか、諸外国と日本の例を見ていきましょう。, 2012年から、ヨーロッパ諸国では「EUブルーカード」という高資格の外国人労働者向けの滞在許可証が発行されるようになりました。大卒で高収入の職が保証されている人、また理工系の高度資格保有者、医師などは、滞在許可の条件が優遇され、永住権の申請条件も優遇されます(注12)。このように、高度な専門性を有する外国人人材の受け入れを積極的に行っている一方で、移民の受け入れに対する規制強化も進んでいます。難民危機の折に、率先して寛大な難民受け入れ政策を打ち出したのがドイツです。2015年、メルケル首相が大規模な難民受け入れを宣言し、1年間で100万人近い難民がドイツに流入しましたが、移民排斥を訴える勢力が台頭するなど政治的混乱が生じました。与野党の対立を背景に、2018年には、移民の受け入れや家族の呼び寄せを制限する政策が採用されました(注13)。フランス政府は、2019年11月に「移民・難民・同化政策の改善に向けた20の政策措置」を発表しました。主な政策として、難民審査機関の大幅増員、難民や不法移民向けの医療援助制度の厳格化、そして外国人人材の積極的受け入れに向けたクオータ制の導入などが挙げられます。審査機関の増員によって難民審査を迅速化するとともに不法滞在者を速やかに国外退去させることにつなげ、さらに、制度の厳格化によって社会保障制度が不当に搾取されることを防ぐのが狙いです。クオータ制では、国内で人材が不足している産業分野で、能力ごとに受け入れ人数を定めて移民を受け入れる計画です(注14)。アメリカでは、不法移民対策が強化されると同時に、難民の受け入れ数が顕著に減少しています。2017年以降、メキシコ国境の警備強化が繰り返され、2018年には、メキシコ国境から違法に入国した者を例外なく起訴するという政策が打ち出され、他にも、強制送還の対象が拡大されるなど、ここ数年で不法移民への取り締まりが強化されています(注15)。これと並行して、難民受け入れの一時停止、難民による再定住申請の審査の厳格化、再定住難民の受け入れ枠の削減などが実施されました(注16)。また、移民による家族の呼び寄せを大幅に制限し、ヨーロッパ諸国と同様、高度な能力や学歴を有し経済的に自活できる人材を選択的に呼び込む方針に転換しています(注17)。, 日本では、2019年4月から「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が施行されました。一般に「改正入管法」と呼ばれているこの法律が、事実上の「移民法」であると言われています。この法改正により、人材が不足している産業分野での技能を有する外国人人材向けに「特定技能」という新たな在留資格が創設されました(注18)。人手不足の解消につながる外国人人材を積極的に受け入れるという点で、諸外国の移民政策と方向性は同じであると言えます。他方で、在留期間に5年の上限があり、ヨーロッパのブルーカードのように永住に向けた優遇措置が定められていないこと、また特に熟練した人材以外は家族の帯同が認められないことなどから、あくまでも労働力としての一時的な滞在を想定していることが伺えます。, 国際連合経済社会局(UN DESA)と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が公開しているデータを使って、ヨーロッパ及び北米で移民の多い10カ国と日本について、国内にいる移民数と難民数、そして2019年にUNHCR経由で第三国定住の審査を行った難民数を表にまとめました。第三国定住(再定住)とは、出身国外で難民認定を受けてキャンプ等で暮らしている難民を、先進国を中心とする第三国に定住させる取り組みです。, 移民に関連して、地域によって異なる問題に直面し、それぞれの国が実情に合った政策を通して解決を図ろうとしていることがわかりました。今後、移民問題を解決に導いていくために、どういった取り組みが必要なのでしょうか。, 移民の中には、母国で十分な稼ぎを得られないために、出稼ぎ労働者として他国へ移住する人々も多く含まれます。こうした人々は、移住を試みる過程で人身売買の被害に遭ったり、密入国あっせん業者によって非人道的な扱いを受けたりする危険性もあります。無事に目的の国に入国できた場合でも、合法的な在留資格を得られなければ、不法移民として弱い立場に置かれてしまいます。このように、経済的困窮などを理由に危険を冒して他国への移住を試みる必要がなくなるよう、低所得国などに継続的な開発支援を行うことが望まれます。教育や就業の機会を拡大し、自国でも十分に生活していける環境を整えることで、移民の流出を抑えることにつながります。, 難民や国内避難民など、強制的に移動を強いられる人の数は年々増加し、2018年末時点で7千万人を超えています(注22)。近隣国や先進国などが難民認定を行い、移民として自国に定住させることで、こうした人々が安心して新たな生活を始めることができるようになります。日本のように、地理的な条件などによって難民が直接流入しにくい先進国も、第三国定住の受け入れなど、地理的制約を受けない取り組みを通して難民の受け入れを行っています。, 難民への支援は「受け入れ」だけではありません。ワールド・ビジョンでは、難民支援募金を通じて、シリア難民や南スーダン難民など、多くの難民に対して支援を行なっています。より多くの難民へ支援を届けるため、皆さまの難民支援へのご協力をお待ちしています。難民支援にご協力くださいあなたの難民への理解が、世界を一歩前進させます。ぜひ、この機会に「難民支援募金」へのご協力をお願いします。, ※1 IOM:「移民」の定義 ※2 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※3 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※4 法務省:退去強制業務について 10頁 ※5 国際連合広報センター:国際移住者デー(12月18日)に寄せる アントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ ※6 国際貿易投資研究所:欧州の反グローバリズム台頭の背景 -経済格差、難民危機、エリート・大衆、ポピュリズムという要因- ※7 The White House:The Trump Administration's Immigration Agenda Protects American Workers, Taxpayers, And Sovereignty ※8 Pew Research Center:Facts on U.S. 日々のニュースで取り上げられないことがないほど、世界中で深刻化している難民問題。遠い海外の話と思われがちですが、日本にも2017年には年間2 難民問題は難民危機とも言われ、やむを得ず自国を離れた難民や国内避難民が生まれ、その結果として引き起こされる社会的または政治的な危機を指します。 さらに、住んでいた場所を追われ、難民または国内難民が避難中に起こる問題、そして安全な受け入れ先到着後に起こるできごとまでを含む場合もあります。 要約すれば難民または国内避難民に関する問題すべてを扱う言葉だと思ってもらうといいでしょう。 現在、世界の … EU News 33/2019 <日本語仮抄訳>3月の欧州理事会を前に、欧州委員会は本日、移民・難民問題への対処について、過去4年間の進捗状況を確認するとともに、緊急を要する、もしくは将来的に直面するであろう課題に対応するために依然として必要な措置を打ち出した。 難民問題とは何なのでしょうか?難民問題の現状や原因などを把握してこの問題に対する理解を深め、解決策を模索する手がかりにしてください。世界には祖国に住み続けることが叶わず、止むを得ず故郷を離れて海外を目指す「難民」が多くいます。特に近年は、各 ――2015年以降、ドイツが受け入れた難民・移民の数は何人か。正確に答えるのは難しいが、2015年9月以降の1年間で約80万人が入ってきたといえる。 難民問題とは、難民の保護・救済に関する問題です。主な原因は政治的な紛争や内戦、人種差別、宗教問題、自然災害などがあります。 難民問題は各国の状況によって異なるため、世界の難民の現状と生活についてわかりやすく解説します。 難民の定義、難民の現状、日本の難民支援などについて。AAR Japan[難民を助ける会]は1979年に日本で生まれた、政治・宗教・思想に偏らない国際NGOです。緊急支援・障がい者支援・地雷対策・感染症対策・啓発(国際理解教育)を中心に活動しています。 カトリック 教え 子供, オリックス 背番号 歴代 9, 日本サッカー 育成 課題, オリックス 抑え 2020, リオネル メッシ 年俸, スーパーホテル松本 天然温泉 諏訪の湯, 宇宙兄弟 主題歌 歴代, 日本シリーズ Mvp 480, キャップ 似合わない 顔でかい 女, プロ野球 寮 飯, ウイニングポスト9 子供 進路, "> 難民の今 > シリア(2019.01.23更新). ヨーロッパ諸国に大量の「難民」が押し寄せ、現地のドイツ人やフランス人との対立が浮き彫りになり、大混乱を招いていますが、そもそも「難民」とは何なのか?移民とはどう違い、難民にはどのような問題があるのか?難民問題について調査したので、分かったこ 紛争や迫害によって移動を強いられた人 —– 7080万人. 紛争 、 飢え 、そして 病気 によって何百万人もの子どもたちの命が脅かされています。. 国連によると、シリア国内では、1350万人が緊急人道支援を必要としています。また、2016年末までに国内で避難する人の数が870万人に上ると見られています。 アフガニスタンにおけるもう一つの大きな問題は、女性が妊娠によって命を失っていくといった現状です。女性の死亡者の40%が妊娠あるいは出産の時に命を失っています。これは世界でも一番高い数字で … 日本は現在も難民を受け入れているのか、気になるところです。難民問題に対する日本の現状と課題をまとめました。 国境を越える難民. 難民とは、1951年の「難民の地位に関する条約」によって「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」者と定義されています。, ただし今日では、武力紛争の被害を避けるために他国に逃れた人々など、上記の理由に含まれていない場合でも、広義の難民ととらえる考え方が広まっています。, ですが難民というと、どこか遠くの話と思われがちです。報道の場においても移民と難民を混同するケースが目立つほか、最近では「帰宅難民」や「買い物難民」のように、難民という言葉が定義とはほど遠い使われ方をされることも少なくありません。, このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。, ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら, 日本の難民受け入れ体制は海外の基準とは異なる点が多く、日本の難民問題を理解するためには、現状を詳しく知っておく必要があります。, そこで1章では日本の難民受け入れに関するデータを紹介しながら、日本の難民受け入れの基本的知識と、その特徴的な点について説明していきます。, 前述のように、現在日本には年間1万人以上の難民申請者が訪れていますが、そのなかでいったい何人が難民として認定されているのでしょうか?, 平成30年度のデータによると、日本で難民として認定された人数はわずか42人。難民認定率は0.4%という低さです。難民申請者の人数から考えると、非常に少ない数となっています。なぜこれほど日本の難民認定が厳しいのかについては、のちほど説明します。, 平成30年度の日本における難民申請者の国籍は74か国にわたり、ネパール、スリランカ、カンボジア、フィリピン、パキスタンが申請者数の上位5か国となっています。, また日本では、難民として認定されなかった者が「人道的配慮による在留特別許可」を与えられることがあり、40人がこのケースに該当しました。, つまり、「人道的配慮による在留特別許可」も含めると、難民認定の手続きの結果日本が受け入れた外国人は、合計82人(平成30年)ということです。, 人道的配慮による在留特別許可は、難民申請が認められなかった人に対し、「人道上の観点から日本に在留することを特別に許可する」という日本特有の制度ですが、日本語教育や就職あっせん等の支援を受けられないなど、正規の難民とは大きな差があります。, また、許可の基準は公になっておらず、法務省の裁量に任されており、本来正規の難民として認定されるべき人が人道的配慮による在留許可で済まされているという批判があります。, 参考:根元かおる『日本と出会った難民たち――生き抜くチカラ、支えるチカラ』(英治出版), 日本における難民認定の厳しさに驚かれた方も少なくないと思います。では、他国ではどうなっているのでしょうか?, (参考:「G7+韓国の難民認定数と認定率」難民支援協会 https://www.refugee.or.jp/jar/report/2019/07/17-1200.shtml最終閲覧日2019年12月12日), このデータを見ると、やはり日本の難民認定率が突出して低いことがわかります。日本の難民認定は他国に比べて非常に厳しいものであるといえるでしょう。, よく知られていることではありますが、ヨーロッパの難民問題は日本とは比べものにならない規模のものです。詳しくは以下の記事で解説しています。. By. ドイツが抱え込んだ「在日」問題 2015年にドイツの難民無制限受け入れが始まったとき、シリア人は涙を流して感謝し、ドイツ人は自分が正しい事をしていると思っていた。 だが僅か3ヵ月後には、難民とドイツ人は憎み会い、大晦日にケルン事件が発生した。 2019年移民数(注19) 2018年難民数(注20) 2019年再定住受付数(注21) 1: アメリカ: 5,066万人: 31万3千人: 24,808人: 2: ドイツ: 1,313万人: 106万4千人: 9,640人: 3: イギリス: 955万人: 12万7千人: 3,507人: 4: フランス: 833万人: 36万8千人: 3,307人: 5: カナダ: 796万人: 11万4千人: 14,624人: 6: イタリア: 627万人: 18万9千人: 413人: 7 ミャンマーの人種差別ともいうべきなのかよくわかりませんが、ロヒンギャ問題というのを2017年の大虐殺で知り、ロヒンギャ問題に目を向けるようになりました。現在も、沢山のロヒンギャ難民がいるようですが、今後どうなっていくのでしょうか? 日本において、2019年に難民認定申請を行った外国人は10,375人、認定を受けた人は44人で、認定率にすると0.4%でした。 ちなみに2014年〜2018年の5年間の申請者数、認定者数、認定率などをリスト化すると以下の通りで、認定数・認定率のどちらを見ても他の先進国と比較して著しく低い数 … 2019年、外国人労働者の受け入れに関する改正法が施行され、日本でも移民に関する関心が高まりを見せています。移民をめぐる議論は、ヨーロッパやアメリカでも近年特に活発化しています。この記事では、移民とは何かを解説し、日本と諸外国が抱えている移民問題と移民政策、そして移民問題の解決に向けた課題を順にご紹介します。, 移民と難民はしばしば同様のものとして扱われますが、皆さんは移民と難民がどのように区別されるかご存知でしょうか。まずは移民の定義を確認し、難民との違いを明確にしましょう。, 国際的な人の移動に関する活動を行う国連機関である国際移住機関(IOM)によると、移民とは、本人の法的地位や移動の自発性、理由、滞在期間にかかわらず、「本来の居住地を離れて、国境を越えるか、一国内で移動している、または移動したあらゆる人」のことを指します(注1)。, 移民の大多数は、仕事や家族、勉学などに関する理由で移住します。その一方で、紛争や迫害、災害といったように、避けがたい理由によって移動を余儀なくされる人々もいます(注2)。, 移民のうち、紛争や迫害など、自発的でない理由で移動を強いられる人々を、難民や国内避難民と呼びます(注3)。難民とは国境を越えて移動した人、国内避難民とは国境を越えず居住地と同じ国の中で移動した人を指します。つまり、難民と移民は別個のものではなく、移民の中の一部の人々を難民と呼ぶのです。, ニュースなどで移民が話題にのぼるときに、「不法移民」という単語を聞くこともあるかと思います。不法移民という言葉は、一般に不法滞在者のことを指して使われます。不法滞在者とは、不法に入国し、在留資格のないままその国に留まっている人、または、合法的な在留期間を過ぎ、在留資格を失った後もその国に留まっている人のことを言います(注4)。, 人が移動するのに伴って、受け入れ側の社会にも様々な変化が生じます。移民に関連して起こる色々な変化のうち、好ましくない側面の強いものを、ひとまとめに「移民問題」と呼んで議論することがあります。今、世界でどのような移民問題が起きているのか、地域別に見ていきましょう。, 移民問題として議論される課題は多岐に渡ります。特に不法移民に関しては、安全保障や犯罪と関連付けた報道や政策議論が多く見られます。合法的な移民や難民についても、受け入れ国の社会への統合という視点で、ますます議論が活発化しています。一方で、アントニオ・グテーレス第9代国連事務総長自らが「私たちは移民に関し、有害で誤った発言を多く耳にします」というコメントを発しているように、しばしば客観的でない情報が流布されていることに留意する必要があります(注5)。, ヨーロッパでは、2015年に「欧州難民危機」と呼ばれる大量の難民の流入が起こりました。主に中東地域やアフリカから、規定の手続きを踏まずに海や国境を越えて移動する人々が多数見られたことから、難民や移民の受け入れに反対する動きが各地で起こりました。例えばハンガリーでは、不法入国を阻止するためにセルビアとの国境に鉄条網が設置されました。さらに、この時期から、ドイツ、フランス、イギリス、スウェーデン、フィンランドなどを含む多くの国で、移民排斥や移民関連の規制強化を訴える政党が議席を伸ばすなど、急速に存在感を増しました。このような排外主義の強まりの背景として、移民に職を奪われる、あるいは社会保障制度への負担となる、といった懸念を抱く人々の存在が指摘されています。さらに、移民問題は欧州連合(EU)としての共通政策、ひいては欧州連合の連帯にも影響を及ぼしており、ヨーロッパにおいてはとりわけ重大な関心事項であると言えます(注6)。, 移民が多いことで知られるアメリカには、2017年時点で4,440万人の移民が暮らしており、これは全人口の13.6%に当たります。移民の数は1970年代から一貫して増加を続けており、2017年時点の移民数は、1970年の実に4.6倍以上に増えています(注8)。こうした背景も手伝ってか、アメリカでは、メキシコ国境から入国する不法移民についての議論が活発です。日本でも広く報道されているとおり、現在メキシコとの国境を隔てる壁の建設が進められています。さらに、アメリカ政府は、メキシコ、ホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの政府との間で不法移民の抑制についての合意を結ぶなど、規制強化を進めています(注7)。2017年時点で、アメリカで暮らす全ての移民の23%に当たる1,050万人が不法移民だと言われています。ただし、移民全体の数が増えている一方で、不法移民の数は2007年をピークに年々減少しています(注9)。, 日本では、移民は基本的に労働力として扱われ、本来の意味での移民政策が存在しないとも言われます。これを裏付けるように、2018年に、首相が国会答弁において「政府としては、例えば、国民の人口に比して、一定程度の規模の外国人を家族ごと期限を設けることなく受け入れることによって国家を維持していこうとする政策については、専門的、技術的分野の外国人を積極的に受け入れることとする現在の外国人の受入れの在り方とは相容れないため、これを採ることは考えていない」と回答しています(注10)。また、日本は主要先進国と比べて難民の受け入れ数が非常に少ないことが知られていますが、他国と比べて難民認定の基準が厳しいことを、国連難民高等弁務官からも指摘され、改善を促されています(注11)。, 以上のように、地域によって、移民に関する様々な課題を抱えています。それでは、現在どのような移民政策が実施されているのか、諸外国と日本の例を見ていきましょう。, 2012年から、ヨーロッパ諸国では「EUブルーカード」という高資格の外国人労働者向けの滞在許可証が発行されるようになりました。大卒で高収入の職が保証されている人、また理工系の高度資格保有者、医師などは、滞在許可の条件が優遇され、永住権の申請条件も優遇されます(注12)。このように、高度な専門性を有する外国人人材の受け入れを積極的に行っている一方で、移民の受け入れに対する規制強化も進んでいます。難民危機の折に、率先して寛大な難民受け入れ政策を打ち出したのがドイツです。2015年、メルケル首相が大規模な難民受け入れを宣言し、1年間で100万人近い難民がドイツに流入しましたが、移民排斥を訴える勢力が台頭するなど政治的混乱が生じました。与野党の対立を背景に、2018年には、移民の受け入れや家族の呼び寄せを制限する政策が採用されました(注13)。フランス政府は、2019年11月に「移民・難民・同化政策の改善に向けた20の政策措置」を発表しました。主な政策として、難民審査機関の大幅増員、難民や不法移民向けの医療援助制度の厳格化、そして外国人人材の積極的受け入れに向けたクオータ制の導入などが挙げられます。審査機関の増員によって難民審査を迅速化するとともに不法滞在者を速やかに国外退去させることにつなげ、さらに、制度の厳格化によって社会保障制度が不当に搾取されることを防ぐのが狙いです。クオータ制では、国内で人材が不足している産業分野で、能力ごとに受け入れ人数を定めて移民を受け入れる計画です(注14)。アメリカでは、不法移民対策が強化されると同時に、難民の受け入れ数が顕著に減少しています。2017年以降、メキシコ国境の警備強化が繰り返され、2018年には、メキシコ国境から違法に入国した者を例外なく起訴するという政策が打ち出され、他にも、強制送還の対象が拡大されるなど、ここ数年で不法移民への取り締まりが強化されています(注15)。これと並行して、難民受け入れの一時停止、難民による再定住申請の審査の厳格化、再定住難民の受け入れ枠の削減などが実施されました(注16)。また、移民による家族の呼び寄せを大幅に制限し、ヨーロッパ諸国と同様、高度な能力や学歴を有し経済的に自活できる人材を選択的に呼び込む方針に転換しています(注17)。, 日本では、2019年4月から「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が施行されました。一般に「改正入管法」と呼ばれているこの法律が、事実上の「移民法」であると言われています。この法改正により、人材が不足している産業分野での技能を有する外国人人材向けに「特定技能」という新たな在留資格が創設されました(注18)。人手不足の解消につながる外国人人材を積極的に受け入れるという点で、諸外国の移民政策と方向性は同じであると言えます。他方で、在留期間に5年の上限があり、ヨーロッパのブルーカードのように永住に向けた優遇措置が定められていないこと、また特に熟練した人材以外は家族の帯同が認められないことなどから、あくまでも労働力としての一時的な滞在を想定していることが伺えます。, 国際連合経済社会局(UN DESA)と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が公開しているデータを使って、ヨーロッパ及び北米で移民の多い10カ国と日本について、国内にいる移民数と難民数、そして2019年にUNHCR経由で第三国定住の審査を行った難民数を表にまとめました。第三国定住(再定住)とは、出身国外で難民認定を受けてキャンプ等で暮らしている難民を、先進国を中心とする第三国に定住させる取り組みです。, 移民に関連して、地域によって異なる問題に直面し、それぞれの国が実情に合った政策を通して解決を図ろうとしていることがわかりました。今後、移民問題を解決に導いていくために、どういった取り組みが必要なのでしょうか。, 移民の中には、母国で十分な稼ぎを得られないために、出稼ぎ労働者として他国へ移住する人々も多く含まれます。こうした人々は、移住を試みる過程で人身売買の被害に遭ったり、密入国あっせん業者によって非人道的な扱いを受けたりする危険性もあります。無事に目的の国に入国できた場合でも、合法的な在留資格を得られなければ、不法移民として弱い立場に置かれてしまいます。このように、経済的困窮などを理由に危険を冒して他国への移住を試みる必要がなくなるよう、低所得国などに継続的な開発支援を行うことが望まれます。教育や就業の機会を拡大し、自国でも十分に生活していける環境を整えることで、移民の流出を抑えることにつながります。, 難民や国内避難民など、強制的に移動を強いられる人の数は年々増加し、2018年末時点で7千万人を超えています(注22)。近隣国や先進国などが難民認定を行い、移民として自国に定住させることで、こうした人々が安心して新たな生活を始めることができるようになります。日本のように、地理的な条件などによって難民が直接流入しにくい先進国も、第三国定住の受け入れなど、地理的制約を受けない取り組みを通して難民の受け入れを行っています。, 難民への支援は「受け入れ」だけではありません。ワールド・ビジョンでは、難民支援募金を通じて、シリア難民や南スーダン難民など、多くの難民に対して支援を行なっています。より多くの難民へ支援を届けるため、皆さまの難民支援へのご協力をお待ちしています。難民支援にご協力くださいあなたの難民への理解が、世界を一歩前進させます。ぜひ、この機会に「難民支援募金」へのご協力をお願いします。, ※1 IOM:「移民」の定義 ※2 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※3 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※4 法務省:退去強制業務について 10頁 ※5 国際連合広報センター:国際移住者デー(12月18日)に寄せる アントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ ※6 国際貿易投資研究所:欧州の反グローバリズム台頭の背景 -経済格差、難民危機、エリート・大衆、ポピュリズムという要因- ※7 The White House:The Trump Administration's Immigration Agenda Protects American Workers, Taxpayers, And Sovereignty ※8 Pew Research Center:Facts on U.S. 日々のニュースで取り上げられないことがないほど、世界中で深刻化している難民問題。遠い海外の話と思われがちですが、日本にも2017年には年間2 難民問題は難民危機とも言われ、やむを得ず自国を離れた難民や国内避難民が生まれ、その結果として引き起こされる社会的または政治的な危機を指します。 さらに、住んでいた場所を追われ、難民または国内難民が避難中に起こる問題、そして安全な受け入れ先到着後に起こるできごとまでを含む場合もあります。 要約すれば難民または国内避難民に関する問題すべてを扱う言葉だと思ってもらうといいでしょう。 現在、世界の … EU News 33/2019 <日本語仮抄訳>3月の欧州理事会を前に、欧州委員会は本日、移民・難民問題への対処について、過去4年間の進捗状況を確認するとともに、緊急を要する、もしくは将来的に直面するであろう課題に対応するために依然として必要な措置を打ち出した。 難民問題とは何なのでしょうか?難民問題の現状や原因などを把握してこの問題に対する理解を深め、解決策を模索する手がかりにしてください。世界には祖国に住み続けることが叶わず、止むを得ず故郷を離れて海外を目指す「難民」が多くいます。特に近年は、各 ――2015年以降、ドイツが受け入れた難民・移民の数は何人か。正確に答えるのは難しいが、2015年9月以降の1年間で約80万人が入ってきたといえる。 難民問題とは、難民の保護・救済に関する問題です。主な原因は政治的な紛争や内戦、人種差別、宗教問題、自然災害などがあります。 難民問題は各国の状況によって異なるため、世界の難民の現状と生活についてわかりやすく解説します。 難民の定義、難民の現状、日本の難民支援などについて。AAR Japan[難民を助ける会]は1979年に日本で生まれた、政治・宗教・思想に偏らない国際NGOです。緊急支援・障がい者支援・地雷対策・感染症対策・啓発(国際理解教育)を中心に活動しています。 カトリック 教え 子供, オリックス 背番号 歴代 9, 日本サッカー 育成 課題, オリックス 抑え 2020, リオネル メッシ 年俸, スーパーホテル松本 天然温泉 諏訪の湯, 宇宙兄弟 主題歌 歴代, 日本シリーズ Mvp 480, キャップ 似合わない 顔でかい 女, プロ野球 寮 飯, ウイニングポスト9 子供 進路, "> 難民問題 現状 2019

難民問題 現状 2019

2020年11月7日. 南スーダン難民の問題が深刻化、受け入れ国や必要な緊急支援は?. マガジン9編集部 - 2019年2月6日. ホーム > 難民の今 > シリア(2019.01.23更新). 日々のニュースで取り上げられないことがないほど、世界中で深刻化している難民問題。遠い海外の話と思われがちですが、日本にも2017年には年間2 トルコにおけるシリア難民受入 2019年7月1日 国際協力機構(jica) トルコ事務所長 安井毅裕 シリア難民セミナー. 7080万人のうち、国内避難民が4130万人、難民が2590万 … Copyright© World Vision Japan. 数字で見る難民情勢(2019年) 2019年末時点で、紛争や迫害により故郷を追われた人の数は7,950万人となりました。全人類の1パーセント、地球上の97人に1人に値する数です。 本ページの数値は、2019年6月にunhcr本部が発表した年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート 2018」から引用しています。 世界では108人に1人、2秒に1人が故郷を追われています . 日本の難民認定は難しいという印象. 世界. ヨーロッパ諸国に大量の「難民」が押し寄せ、現地のドイツ人やフランス人との対立が浮き彫りになり、大混乱を招いていますが、そもそも「難民」とは何なのか?移民とはどう違い、難民にはどのような問題があるのか?難民問題について調査したので、分かったこ 難民問題とは、難民の保護・救済に関する問題です。主な原因は政治的な紛争や内戦、人種差別、宗教問題、自然災害などがあります。 難民問題は各国の状況によって異なるため、世界の難民の現状と生活についてわかりやすく解説します。 日本の難民認定は難しいという印象. 数字で見る難民情勢(2017年) 2017年、紛争や暴力、迫害により、世界で移動を強いられた人の数は5年連続で増加しました。 2017年末の時点で家を追われた人の数は6850万人に上り、そのうち2017年に新たに、もしくは、再び移動を強いられた人は1620万人です。 「世界では、どこの国が難民を受け入れているのだろう?」あなたは、このような疑問をお持ちではありませんか?UNHCRの「数字... 2018時点で世界の難民の数は7,080万人に上り、第二次世界大戦以降で過去最大の数値となりました。難民問題は国際的... なぜ「難民条約」が必要なのでしょうか。個人や集団への迫害が続く限り、難民の問題は終わりません。世界中の人々がひとり残らず... 難民の数は年々増加しているといわれています。難民となった人々は、どこに行くのでしょうか。難民の受け入れ先と海外の反応に... 2015年9月、シリア人の小さな男の子の遺体がトルコの海岸に打ち上げられた時の衝撃を覚えている方も多いのではないでしょうか。ヨーロッパに押し寄せている難民が問題になっています。その背景と、受け入れ... ここ数年のうちで「難民」というキーワードがニュースやテレビで耳にすることが増えたのではないでしょうか。難民問題は今現在も続いており... 2019年、外国人労働者の受け入れに関する改正法が施行され、日本でも移民に関する関心が高まりを見せています。移民をめぐる... 近年、ジェノサイドを題材にした映画や小説が数多く発表されています。例えば、2011年に出版された高野和明さんの小説『ジェノサイド』... 難民に関連する話題では、「迫害」という言葉を耳にすることも多いかと思います。迫害は難民の認定に関わる重要な概念ですが、正確な... 世界有数の石油輸出国で、カリブ海のリゾートとしても有名だったベネズエラが、緊急事態に陥っています。昔から難民を受け入れてきた... 近年、世界中で難民が増え続けています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、紛争や迫害が原因で移動を強いられた... 世界の子どもたちについて、もっと知りたい皆さまには資料をお送りします。([お問い合わせ内容]欄に「難民資料希望」とお書きください)ご登録のメールアドレスにメールマガジンをお届けすることもできます。. 難民. このような方々に加えて、戦争や政治の混乱によって危険を感じ国籍国を出た避難民も広い意味での難民とみなされています。さらに近年では、国境を越えずに、自国にとどまり避難生活を送っている「国内避難民」も増加し、難民と同様に支援を必要としています。 ミャンマーの人種差別ともいうべきなのかよくわかりませんが、ロヒンギャ問題というのを2017年の大虐殺で知り、ロヒンギャ問題に目を向けるようになりました。現在も、沢山のロヒンギャ難民がいるようですが、今後どうなっていくのでしょうか? 紛争や迫害によって移動を強いられた人 —– 7080万人. All Rights Reserved. コンゴ民主共和国は、世界最悪の人道危機に直面しています。子どもたちは、そうした状況の最大の犠牲者となっており、200万人を超える子どもたちが、飢えにより命を落とす危険があります。 現状、一番の難民問題は日本からほど近い国であるミャンマーのロヒンギャの人々です。その人々を受け入れる国の候補に入れられたとしても不思議ではありません。 グローバル化が進展している現状、多くの国民が反対しようとも国際問題に無関係な姿勢をとることはとても難しいことです� 2019年5月8日. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 難民認定率の極めて低い日本ですが、不思議なことに2010年から2017年までの間に難民申請者数は増え続けました。2010年には1200人程度だった申請者が2017年には2万人近くにまで増加したのです。いったいなぜでしょうか?, その理由として挙げられるのが、日本での就労を目的として難民申請を行う「偽装難民」の存在です。, たしかに難民申請者の国籍を見ると、大量に難民が発生するとは考えにくい国の名前が目立ちます。, 従来の難民認定制度では難民申請者は申請から半年で就労が可能とされていました。そのため、所得格差の大きい東南アジア諸国などからこの制度を利用しようとした人々が大量に難民申請をするようになったといわれています(ただし、このような国の出身者でも難民の定義に当てはまる者が一定数いるため、一概に出身国で難民としての妥当性を問うことはできません)。, 明らかに難民とはいえない申請者数の増加は難民審査の遅延を招き、難民についての誤解や偏見を生み出すなど、本当に難民と認定されるべき人に不利益を生じさせます。, 2018年以降、明らかに難民に該当しないと判断される者は就労が許可されないようになりました。, しかしこれらの事実を踏まえても、日本の難民認定制度は世界的な基準から見て不当に厳しいと言わざるを得ません。他国では多くの場合難民として認められているシリア内戦から逃れた人々やロヒンギャ族の人々も、日本では難民として認定されないことが珍しくないのです。, その理由は、日本政府による難民の限定的な解釈にあるといわれています。ここでもう一度難民の定義を思い出してみましょう。, 1951年の「難民の地位に関する条約」により、難民とは「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」者と定められていました。, 日本は、この狭義の難民の定義をもとに、紛争のみを理由に逃れた人々を難民として認めていません。また迫害に関しても、難民申請者自身が個人的に激しい迫害の対象とされていることを具体的に証明する必要があるとしています。, こうした難民の解釈の仕方は世界的に見て異例であり、海外諸国から批判を浴びています。, 日本の難民認定の厳しさも問題ですが、それだけでなく難民の収容方法も非人道的であると批判されています。, 難民申請の審査は平均10か月と言われており、再申請や訴訟の期間を含めると、審査はさらに長期間に及びます。, その間に在留資格の期限が切れて不法滞在者となってしまった難民申請者は、入国管理局の施設、通称「入管」に収容されることがあります。, 日本では、不法滞在者は難民申請中の人も含めて、その理由に関係なく全員収容することができるという「全件収容主義」が原則となっています。さらに、法律上では彼らの収容可能期限が定められておらず、こうした現状は人権侵害であると問題視されています。, また、日本の入管では外部との連絡手段が制限されており、被収容者にインターネットの使用が許されていません。そのため、難民申請に必要な証拠資料を集めたり、翻訳者を探したりすることは非常に困難だといいます。, 近年でも入管では自殺や衰弱による死亡事件や、一時的な収容の停止を意味する仮放免を求めたハンガーストライキが繰り返し起こっている状況で、国内外からの批判が高まっています。, 難民受け入れ体制に多くの課題が存在する一方、日本中で様々な形の難民支援が行われています。ここでは、政府による難民支援、NPOや企業等の政府以外の団体による難民支援、さらに制度面での難民支援について説明します。, 難民の受け入れに関しては遅れているといわれる日本ですが、資金援助の面では難民問題に大いに貢献しています。, 平成30年度には、日本政府は約7250万米ドルを、2019年の国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の活動に拠出しており、これは世界で5番目に大きな金額です。, さらに日本政府は長年、アジア福祉教育財団難民事業本部に事業を委託して難民の暮らしを支援しています。難民事業本部では、難民が日本に定住して自立的な生活を送れるようになるために、以下のような事業が行われています。, (参考:「難民事業本部のプロフィール事業」(公財)アジア福祉教育財団難民事業本部 http://www.rhq.gr.jp/japanese/profile/business.htm(最終閲覧日2019年12月12日)), 現在その柱となっているのが、認定NPO法人難民支援協会です。同協会は、難民認定申請手続きをサポートする法的支援や、避難所の提供等の生活支援に加え、就労支援まで幅広い活動を行っており、これまでに数多くの人々の命を救ってきました。, その他にも、難民のための日本語教室や難民の子供のための学習教室、難民と地域住民の交流会など、難民が尊厳を持って生活できるようになるための取り組みが、数多くのボランティア団体によって行われています。, さらに、難民支援に貢献する日本企業も存在します。例えば、衣料品メーカーのUNIQLOは難民支援に積極的に取り組んでいる企業のひとつです。, 同社は、衣料を回収、リサイクルして世界中の難民に届ける衣料支援や、難民に職業訓練プログラムを提供する自立支援を行うほか、難民を自社で雇用する取り組みも進められているといいます。, このように、政府だけではなく様々な団体が難民や難民認定申請者の支援に関わっているのです。, 日本で難民として暮らす人の中には、他国で難民と認定された者もいます。祖国から他国へと逃れた難民を第三国が再び受け入れるという、第三国定住制度を利用した難民です。, 日本では2010年からこの取り組みが進められており、これまでにタイやマレーシアに一時滞在しているミャンマーからの難民を150人以上受け入れてきました。, 第三国定住制度は、新しい難民受け入れの制度として期待されており、すでに第三国定住制度を利用して数万人の難民受け入れを実現している国もあります。, 日本政府も第三国定住制度の拡大に前向きで、将来的に年間100人以上の受け入れを目指しているといいます。, オススメ度★★★ 滝沢三郎 (編著)『世界の難民をたすける30の方法』(合同出版), 難民とは誰かという説明から、難民認定の詳しい仕組み、世界中の難民支援の取り組みまで、幅広い内容が百数十ページに凝縮されています。読みやすく、多くを学べるので、難民問題を新たに知りたい方にもオススメです。, オススメ度★★★根本かおる(著)『日本と出会った難民たち――生き抜くチカラ、支えるチカラ』英治出版, UNHCR事務所で15年間の勤務経験をを持つ著者が、日本の難民の現実を映し出した一冊。日本の難民受け入れの課題が浮き彫りにされているとともに、新たな難民支援の形も描かれており、今後の可能性が感じられます。, 一部の書籍は「耳で読む」こともできます。通勤・通学中の時間も勉強に使えるようになるため、おすすめです。, Amazonプライムは、1ヶ月無料で利用することができますので非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。, などの特典もあります。学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、ぜひお試しください。, このサイトでは、他にも国際問題や時事的な問題について広く解説していますので、ぜひブックマークしてください。, リベラルアーツガイドは、質の高いコンテンツを作成し続けるためにご支援をお願いしています。詳しくは下記ページをご覧ください。, 当メディアは純広告(メディア内に設置する広告)を募集しています。詳しくは以下のページをご覧ください。, 所得格差の大きい東南アジア諸国などからこの制度を利用しようとした人々が大量に難民申請をするようになった, 「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」, 法律上では彼らの収容可能期限が定められておらず、こうした現状は人権侵害であると問題視されています。, 祖国から他国へと逃れた難民を第三国が再び受け入れるという、第三国定住制度を利用した難民です。, https://www.refugee.or.jp/jar/report/2019/07/17-1200.shtml, http://www.rhq.gr.jp/japanese/profile/business.htm, 入国管理局の難民調査官によって行われる1次審査ではまず、現地での迫害の状況を申請者からの, その後、申請者の出身国の情報と照らし合わせて申請者の証言の信憑性を判断する。そして、申請者が難民に該当すると判断した場合、難民として日本での在留資格が認める, また、難民に該当しないもののやむを得ない理由で出身国に帰ることができないと判断した場合、, そこでは1次審査と同様に、難民認定、不認定、人道的配慮による在留特別許可のいずれかの判断が下されます。再び不認定となった申請者は訴訟を起こさない限り、, 日本の難民申請者は1万人いる一方、認定されたのは42人(平成30年)と、世界に比べて突出して低い, 難民認定が少ないのは、日本には「偽装難民」が多いこと、政府による難民の定義が限定的であることがあげられる, 日本への難民申請は1万人いる一方、認定は42人(平成30年)と厳しい上、収容方法などにも問題が指摘されている. 日本の難民申請は1万人と多い一方、難民認定は42人、認定率は0.4%です(平成30年)。世界の中で難民認定率が非常に低いだけでなく、他にもさまざまな問題が指摘されています。日本の難民問題を詳し … Sponsored Link 紛争 、 飢え 、そして 病気 によって何百万人もの子どもたちの命が脅かされています。. By. ヨーロッパ難民問題とは、多くの難民がヨーロッパ各国に流入し人権問題や社会、政治問題を生んでいることです。2018年には58万人が流入しており、各国では排外主義も生んでいます。難民問題を詳しく解説しています。 シリア危機の勃発以降、2018年には670万人のシリア人が難民となりました。 多くのシリア難民を受け入れている国、ヨルダンでは公立学校で朝と昼の2部にわけて少しでも多くの難民の子どもたちを受け入れ、教育の機会を与えられるように対応しています。 しかしこのような状況にもかかわらず、学校に通えているシリア難民の子どもたちは30%程度です。学校へ行けないということは、強制労働をさせられたり金銭目的の … 難民問題を解決し、平和な世界を実現するためには、何が必要なのでしょうか。 一般的に難民を生み出してしまう根本的な原因は、3つあると言われています。 内戦や迫害 難民と聞いてもよく分からない、という人も多いはず。難民って誰なのか、今どんな問題に直面しているのか、まずは知ってみませんか。 難民って何?誰のこと? 戦争、紛争、飢饉、人種差別、宗教弾圧、政治弾圧、極度の貧困など、さまざまな事情で母国を離れなければならなくなった人の� シリアの内戦は後述するアラブの春を契機とし、独裁政権から脱し民主化を訴える運動を起こしたことがそもそもの始まりだとされています。 シリアではアサド大統領による独裁政権が40年にも渡って続いていました。国民の不満は既にかなり溜まっており、中東に広がっていたアラブの春の動きを受け、民主化運動への契機が高まっていきます。 なかには、その延長で難民問題でのブータン政府の行いを、自国の文化を守るため仕方なかったものとして、同情的な論調のものまで見受けられました。 実は、このような感情は特殊なものではありません。 ブータンを知れば知るほど、このような感情がわき上がるのが当然なほどに、ブータ� 国連によると、シリア国内では、1350万人が緊急人道支援を必要としています。また、2016年末までに国内で避難する人の数が870万人に上ると見られています。 unhcrの難民援助活動2019 国連unhcr協会はunhcr(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。ご寄付は寄付金控除の対象となります。 2015年に、ドイツのメルケル大統領の政策で大量の移民がヨーロッパに流入しました。これで各国が様々な問題と直面しており、EUでは、難民の受け入れのに関して見直し論が出ております。そして、2018年、ヨーロッパの移民問題と政治の近況をまとめました。 6. なかには、その延長で難民問題でのブータン政府の行いを、自国の文化を守るため仕方なかったものとして、同情的な論調のものまで見受けられました。 実は、このような感情は特殊なものではありません。 ブータンを知れば知るほど、このような感情がわき上がるのが当然なほどに、ブータ� 南スーダンは今、非常に困難な状況に陥っています。. 6. 数字で見る難民情勢(2017年) 2017年、紛争や暴力、迫害により、世界で移動を強いられた人の数は5年連続で増加しました。 2017年末の時点で家を追われた人の数は6850万人に上り、そのうち2017年に新たに、もしくは、再び移動を強いられた人は1620万人です。 ヨーロッパ難民問題とは、多くの難民がヨーロッパ各国に流入し人権問題や社会、政治問題を生んでいることです。2018年には58万人が流入しており、各国では排外主義も生んでいます。難民問題を詳しく解説しています。 国際移住者デー(12月18日)に寄せる アントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ, 欧州の反グローバリズム台頭の背景 -経済格差、難民危機、エリート・大衆、ポピュリズムという要因-, The Trump Administration's Immigration Agenda Protects American Workers, Taxpayers, And Sovereignty, Mexicans decline to less than half the U.S. unauthorized immigrant population for the first time, Immigration-related Policy Changes in the First Two Years of the Trump Administration, "Merit-Based" Immigration: Trump Proposal Would Dramatically Revamp Immigrant Selection Criteria, But with Modest Effects on Numbers, Global trends: Forced displacement in 2018. シリア国内の現状. マガジン9編集部 - 2019年2月6日. 2015年に、ドイツのメルケル大統領の政策で大量の移民がヨーロッパに流入しました。これで各国が様々な問題と直面しており、EUでは、難民の受け入れのに関して見直し論が出ております。そして、2018年、ヨーロッパの移民問題と政治の近況をまとめました。 7080万人のうち、国内避難民が4130万人、難民が2590万 … コンゴ民主共和国は、世界最悪の人道危機に直面しています。子どもたちは、そうした状況の最大の犠牲者となっており、200万人を超える子どもたちが、飢えにより命を落とす危険があります。 日本における難民を巡る問題と入管収容問題の現状 講師:駒井知会氏 . 日本は現在も難民を受け入れているのか、気になるところです。難民問題に対する日本の現状と課題をまとめました。 国境を越える難民. 難民問題を解決し平和な世界のために必要なこととは. Immigrants, 2017 ※9 Pew Research Center:Mexicans decline to less than half the U.S. unauthorized immigrant population for the first time ※10 衆議院:衆議院議員奥野総一郎君提出外国人労働者と移民に関する質問に対する答弁書 ※11 UNHCR:フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官:日本とのパートナーシップ強化を※12 JETRO:外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用※13 労働政策研究・研修機構:第四次メルケル政権発足 ―連立協定書に基づく今後の労働政策骨子※14 JETRO:移民政策を発表、不法移民・難民の管理強化、クオータ制導入(フランス)※15 Migration Policy Institute:Immigration-related Policy Changes in the First Two Years of the Trump Administration 2-4頁※16 Migration Policy Institute:Immigration-related Policy Changes in the First Two Years of the Trump Administration 16-17頁※17 Migration Policy Institute:"Merit-Based" Immigration: Trump Proposal Would Dramatically Revamp Immigrant Selection Criteria, But with Modest Effects on Numbers※18 外務省:特定技能の創設※19 United Nations Department of Economic and Social Affairs (UN DESA):International migrant stock 2019 By destination and origin※20 UNHCR:Global trends: Forced displacement in 2018 Annex table 1※21 UNHCR:Resettlement Data Finder Demographics/2019のcsvデータ※22 UNHCR:Global trends: Forced displacement in 2018 2頁, 紛争により家を追われ、生活が一変しました子どもたちに学ぶ機会を難民支援募金にご協力ください. 日本における難民を巡る問題と入管収容問題の現状 講師:駒井知会氏 . 本ページの数値は、2019年6月にunhcr本部が発表した年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート 2018」から引用しています。 世界では108人に1人、2秒に1人が故郷を追われています . 難民問題を解決し、平和な世界を実現するためには、何が必要なのでしょうか。 一般的に難民を生み出してしまう根本的な原因は、3つあると言われています。 内戦や迫害 人々は住むところを追われ、国内外の難民キャンプに身を置くしかない状態 です。. アフガニスタンにおけるもう一つの大きな問題は、女性が妊娠によって命を失っていくといった現状です。女性の死亡者の40%が妊娠あるいは出産の時に命を失っています。これは世界でも一番高い数字で … 難民問題とは何なのでしょうか?難民問題の現状や原因などを把握してこの問題に対する理解を深め、解決策を模索する手がかりにしてください。世界には祖国に住み続けることが叶わず、止むを得ず故郷を離れて海外を目指す「難民」が多くいます。特に近年は、各 シリア国内の現状. ――2015年以降、ドイツが受け入れた難民・移民の数は何人か。正確に答えるのは難しいが、2015年9月以降の1年間で約80万人が入ってきたといえる。 unhcrの難民援助活動2019 国連unhcr協会はunhcr(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。ご寄付は寄付金控除の対象となります。 難民問題を解決し平和な世界のために必要なこととは. ホーム > 難民の今 > シリア(2019.01.23更新). ヨーロッパ諸国に大量の「難民」が押し寄せ、現地のドイツ人やフランス人との対立が浮き彫りになり、大混乱を招いていますが、そもそも「難民」とは何なのか?移民とはどう違い、難民にはどのような問題があるのか?難民問題について調査したので、分かったこ 紛争や迫害によって移動を強いられた人 —– 7080万人. 紛争 、 飢え 、そして 病気 によって何百万人もの子どもたちの命が脅かされています。. 国連によると、シリア国内では、1350万人が緊急人道支援を必要としています。また、2016年末までに国内で避難する人の数が870万人に上ると見られています。 アフガニスタンにおけるもう一つの大きな問題は、女性が妊娠によって命を失っていくといった現状です。女性の死亡者の40%が妊娠あるいは出産の時に命を失っています。これは世界でも一番高い数字で … 日本は現在も難民を受け入れているのか、気になるところです。難民問題に対する日本の現状と課題をまとめました。 国境を越える難民. 難民とは、1951年の「難民の地位に関する条約」によって「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた」者と定義されています。, ただし今日では、武力紛争の被害を避けるために他国に逃れた人々など、上記の理由に含まれていない場合でも、広義の難民ととらえる考え方が広まっています。, ですが難民というと、どこか遠くの話と思われがちです。報道の場においても移民と難民を混同するケースが目立つほか、最近では「帰宅難民」や「買い物難民」のように、難民という言葉が定義とはほど遠い使われ方をされることも少なくありません。, このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。, ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら, 日本の難民受け入れ体制は海外の基準とは異なる点が多く、日本の難民問題を理解するためには、現状を詳しく知っておく必要があります。, そこで1章では日本の難民受け入れに関するデータを紹介しながら、日本の難民受け入れの基本的知識と、その特徴的な点について説明していきます。, 前述のように、現在日本には年間1万人以上の難民申請者が訪れていますが、そのなかでいったい何人が難民として認定されているのでしょうか?, 平成30年度のデータによると、日本で難民として認定された人数はわずか42人。難民認定率は0.4%という低さです。難民申請者の人数から考えると、非常に少ない数となっています。なぜこれほど日本の難民認定が厳しいのかについては、のちほど説明します。, 平成30年度の日本における難民申請者の国籍は74か国にわたり、ネパール、スリランカ、カンボジア、フィリピン、パキスタンが申請者数の上位5か国となっています。, また日本では、難民として認定されなかった者が「人道的配慮による在留特別許可」を与えられることがあり、40人がこのケースに該当しました。, つまり、「人道的配慮による在留特別許可」も含めると、難民認定の手続きの結果日本が受け入れた外国人は、合計82人(平成30年)ということです。, 人道的配慮による在留特別許可は、難民申請が認められなかった人に対し、「人道上の観点から日本に在留することを特別に許可する」という日本特有の制度ですが、日本語教育や就職あっせん等の支援を受けられないなど、正規の難民とは大きな差があります。, また、許可の基準は公になっておらず、法務省の裁量に任されており、本来正規の難民として認定されるべき人が人道的配慮による在留許可で済まされているという批判があります。, 参考:根元かおる『日本と出会った難民たち――生き抜くチカラ、支えるチカラ』(英治出版), 日本における難民認定の厳しさに驚かれた方も少なくないと思います。では、他国ではどうなっているのでしょうか?, (参考:「G7+韓国の難民認定数と認定率」難民支援協会 https://www.refugee.or.jp/jar/report/2019/07/17-1200.shtml最終閲覧日2019年12月12日), このデータを見ると、やはり日本の難民認定率が突出して低いことがわかります。日本の難民認定は他国に比べて非常に厳しいものであるといえるでしょう。, よく知られていることではありますが、ヨーロッパの難民問題は日本とは比べものにならない規模のものです。詳しくは以下の記事で解説しています。. By. ドイツが抱え込んだ「在日」問題 2015年にドイツの難民無制限受け入れが始まったとき、シリア人は涙を流して感謝し、ドイツ人は自分が正しい事をしていると思っていた。 だが僅か3ヵ月後には、難民とドイツ人は憎み会い、大晦日にケルン事件が発生した。 2019年移民数(注19) 2018年難民数(注20) 2019年再定住受付数(注21) 1: アメリカ: 5,066万人: 31万3千人: 24,808人: 2: ドイツ: 1,313万人: 106万4千人: 9,640人: 3: イギリス: 955万人: 12万7千人: 3,507人: 4: フランス: 833万人: 36万8千人: 3,307人: 5: カナダ: 796万人: 11万4千人: 14,624人: 6: イタリア: 627万人: 18万9千人: 413人: 7 ミャンマーの人種差別ともいうべきなのかよくわかりませんが、ロヒンギャ問題というのを2017年の大虐殺で知り、ロヒンギャ問題に目を向けるようになりました。現在も、沢山のロヒンギャ難民がいるようですが、今後どうなっていくのでしょうか? 日本において、2019年に難民認定申請を行った外国人は10,375人、認定を受けた人は44人で、認定率にすると0.4%でした。 ちなみに2014年〜2018年の5年間の申請者数、認定者数、認定率などをリスト化すると以下の通りで、認定数・認定率のどちらを見ても他の先進国と比較して著しく低い数 … 2019年、外国人労働者の受け入れに関する改正法が施行され、日本でも移民に関する関心が高まりを見せています。移民をめぐる議論は、ヨーロッパやアメリカでも近年特に活発化しています。この記事では、移民とは何かを解説し、日本と諸外国が抱えている移民問題と移民政策、そして移民問題の解決に向けた課題を順にご紹介します。, 移民と難民はしばしば同様のものとして扱われますが、皆さんは移民と難民がどのように区別されるかご存知でしょうか。まずは移民の定義を確認し、難民との違いを明確にしましょう。, 国際的な人の移動に関する活動を行う国連機関である国際移住機関(IOM)によると、移民とは、本人の法的地位や移動の自発性、理由、滞在期間にかかわらず、「本来の居住地を離れて、国境を越えるか、一国内で移動している、または移動したあらゆる人」のことを指します(注1)。, 移民の大多数は、仕事や家族、勉学などに関する理由で移住します。その一方で、紛争や迫害、災害といったように、避けがたい理由によって移動を余儀なくされる人々もいます(注2)。, 移民のうち、紛争や迫害など、自発的でない理由で移動を強いられる人々を、難民や国内避難民と呼びます(注3)。難民とは国境を越えて移動した人、国内避難民とは国境を越えず居住地と同じ国の中で移動した人を指します。つまり、難民と移民は別個のものではなく、移民の中の一部の人々を難民と呼ぶのです。, ニュースなどで移民が話題にのぼるときに、「不法移民」という単語を聞くこともあるかと思います。不法移民という言葉は、一般に不法滞在者のことを指して使われます。不法滞在者とは、不法に入国し、在留資格のないままその国に留まっている人、または、合法的な在留期間を過ぎ、在留資格を失った後もその国に留まっている人のことを言います(注4)。, 人が移動するのに伴って、受け入れ側の社会にも様々な変化が生じます。移民に関連して起こる色々な変化のうち、好ましくない側面の強いものを、ひとまとめに「移民問題」と呼んで議論することがあります。今、世界でどのような移民問題が起きているのか、地域別に見ていきましょう。, 移民問題として議論される課題は多岐に渡ります。特に不法移民に関しては、安全保障や犯罪と関連付けた報道や政策議論が多く見られます。合法的な移民や難民についても、受け入れ国の社会への統合という視点で、ますます議論が活発化しています。一方で、アントニオ・グテーレス第9代国連事務総長自らが「私たちは移民に関し、有害で誤った発言を多く耳にします」というコメントを発しているように、しばしば客観的でない情報が流布されていることに留意する必要があります(注5)。, ヨーロッパでは、2015年に「欧州難民危機」と呼ばれる大量の難民の流入が起こりました。主に中東地域やアフリカから、規定の手続きを踏まずに海や国境を越えて移動する人々が多数見られたことから、難民や移民の受け入れに反対する動きが各地で起こりました。例えばハンガリーでは、不法入国を阻止するためにセルビアとの国境に鉄条網が設置されました。さらに、この時期から、ドイツ、フランス、イギリス、スウェーデン、フィンランドなどを含む多くの国で、移民排斥や移民関連の規制強化を訴える政党が議席を伸ばすなど、急速に存在感を増しました。このような排外主義の強まりの背景として、移民に職を奪われる、あるいは社会保障制度への負担となる、といった懸念を抱く人々の存在が指摘されています。さらに、移民問題は欧州連合(EU)としての共通政策、ひいては欧州連合の連帯にも影響を及ぼしており、ヨーロッパにおいてはとりわけ重大な関心事項であると言えます(注6)。, 移民が多いことで知られるアメリカには、2017年時点で4,440万人の移民が暮らしており、これは全人口の13.6%に当たります。移民の数は1970年代から一貫して増加を続けており、2017年時点の移民数は、1970年の実に4.6倍以上に増えています(注8)。こうした背景も手伝ってか、アメリカでは、メキシコ国境から入国する不法移民についての議論が活発です。日本でも広く報道されているとおり、現在メキシコとの国境を隔てる壁の建設が進められています。さらに、アメリカ政府は、メキシコ、ホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの政府との間で不法移民の抑制についての合意を結ぶなど、規制強化を進めています(注7)。2017年時点で、アメリカで暮らす全ての移民の23%に当たる1,050万人が不法移民だと言われています。ただし、移民全体の数が増えている一方で、不法移民の数は2007年をピークに年々減少しています(注9)。, 日本では、移民は基本的に労働力として扱われ、本来の意味での移民政策が存在しないとも言われます。これを裏付けるように、2018年に、首相が国会答弁において「政府としては、例えば、国民の人口に比して、一定程度の規模の外国人を家族ごと期限を設けることなく受け入れることによって国家を維持していこうとする政策については、専門的、技術的分野の外国人を積極的に受け入れることとする現在の外国人の受入れの在り方とは相容れないため、これを採ることは考えていない」と回答しています(注10)。また、日本は主要先進国と比べて難民の受け入れ数が非常に少ないことが知られていますが、他国と比べて難民認定の基準が厳しいことを、国連難民高等弁務官からも指摘され、改善を促されています(注11)。, 以上のように、地域によって、移民に関する様々な課題を抱えています。それでは、現在どのような移民政策が実施されているのか、諸外国と日本の例を見ていきましょう。, 2012年から、ヨーロッパ諸国では「EUブルーカード」という高資格の外国人労働者向けの滞在許可証が発行されるようになりました。大卒で高収入の職が保証されている人、また理工系の高度資格保有者、医師などは、滞在許可の条件が優遇され、永住権の申請条件も優遇されます(注12)。このように、高度な専門性を有する外国人人材の受け入れを積極的に行っている一方で、移民の受け入れに対する規制強化も進んでいます。難民危機の折に、率先して寛大な難民受け入れ政策を打ち出したのがドイツです。2015年、メルケル首相が大規模な難民受け入れを宣言し、1年間で100万人近い難民がドイツに流入しましたが、移民排斥を訴える勢力が台頭するなど政治的混乱が生じました。与野党の対立を背景に、2018年には、移民の受け入れや家族の呼び寄せを制限する政策が採用されました(注13)。フランス政府は、2019年11月に「移民・難民・同化政策の改善に向けた20の政策措置」を発表しました。主な政策として、難民審査機関の大幅増員、難民や不法移民向けの医療援助制度の厳格化、そして外国人人材の積極的受け入れに向けたクオータ制の導入などが挙げられます。審査機関の増員によって難民審査を迅速化するとともに不法滞在者を速やかに国外退去させることにつなげ、さらに、制度の厳格化によって社会保障制度が不当に搾取されることを防ぐのが狙いです。クオータ制では、国内で人材が不足している産業分野で、能力ごとに受け入れ人数を定めて移民を受け入れる計画です(注14)。アメリカでは、不法移民対策が強化されると同時に、難民の受け入れ数が顕著に減少しています。2017年以降、メキシコ国境の警備強化が繰り返され、2018年には、メキシコ国境から違法に入国した者を例外なく起訴するという政策が打ち出され、他にも、強制送還の対象が拡大されるなど、ここ数年で不法移民への取り締まりが強化されています(注15)。これと並行して、難民受け入れの一時停止、難民による再定住申請の審査の厳格化、再定住難民の受け入れ枠の削減などが実施されました(注16)。また、移民による家族の呼び寄せを大幅に制限し、ヨーロッパ諸国と同様、高度な能力や学歴を有し経済的に自活できる人材を選択的に呼び込む方針に転換しています(注17)。, 日本では、2019年4月から「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が施行されました。一般に「改正入管法」と呼ばれているこの法律が、事実上の「移民法」であると言われています。この法改正により、人材が不足している産業分野での技能を有する外国人人材向けに「特定技能」という新たな在留資格が創設されました(注18)。人手不足の解消につながる外国人人材を積極的に受け入れるという点で、諸外国の移民政策と方向性は同じであると言えます。他方で、在留期間に5年の上限があり、ヨーロッパのブルーカードのように永住に向けた優遇措置が定められていないこと、また特に熟練した人材以外は家族の帯同が認められないことなどから、あくまでも労働力としての一時的な滞在を想定していることが伺えます。, 国際連合経済社会局(UN DESA)と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が公開しているデータを使って、ヨーロッパ及び北米で移民の多い10カ国と日本について、国内にいる移民数と難民数、そして2019年にUNHCR経由で第三国定住の審査を行った難民数を表にまとめました。第三国定住(再定住)とは、出身国外で難民認定を受けてキャンプ等で暮らしている難民を、先進国を中心とする第三国に定住させる取り組みです。, 移民に関連して、地域によって異なる問題に直面し、それぞれの国が実情に合った政策を通して解決を図ろうとしていることがわかりました。今後、移民問題を解決に導いていくために、どういった取り組みが必要なのでしょうか。, 移民の中には、母国で十分な稼ぎを得られないために、出稼ぎ労働者として他国へ移住する人々も多く含まれます。こうした人々は、移住を試みる過程で人身売買の被害に遭ったり、密入国あっせん業者によって非人道的な扱いを受けたりする危険性もあります。無事に目的の国に入国できた場合でも、合法的な在留資格を得られなければ、不法移民として弱い立場に置かれてしまいます。このように、経済的困窮などを理由に危険を冒して他国への移住を試みる必要がなくなるよう、低所得国などに継続的な開発支援を行うことが望まれます。教育や就業の機会を拡大し、自国でも十分に生活していける環境を整えることで、移民の流出を抑えることにつながります。, 難民や国内避難民など、強制的に移動を強いられる人の数は年々増加し、2018年末時点で7千万人を超えています(注22)。近隣国や先進国などが難民認定を行い、移民として自国に定住させることで、こうした人々が安心して新たな生活を始めることができるようになります。日本のように、地理的な条件などによって難民が直接流入しにくい先進国も、第三国定住の受け入れなど、地理的制約を受けない取り組みを通して難民の受け入れを行っています。, 難民への支援は「受け入れ」だけではありません。ワールド・ビジョンでは、難民支援募金を通じて、シリア難民や南スーダン難民など、多くの難民に対して支援を行なっています。より多くの難民へ支援を届けるため、皆さまの難民支援へのご協力をお待ちしています。難民支援にご協力くださいあなたの難民への理解が、世界を一歩前進させます。ぜひ、この機会に「難民支援募金」へのご協力をお願いします。, ※1 IOM:「移民」の定義 ※2 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※3 IOM:World Migration Report 2020 19頁 ※4 法務省:退去強制業務について 10頁 ※5 国際連合広報センター:国際移住者デー(12月18日)に寄せる アントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ ※6 国際貿易投資研究所:欧州の反グローバリズム台頭の背景 -経済格差、難民危機、エリート・大衆、ポピュリズムという要因- ※7 The White House:The Trump Administration's Immigration Agenda Protects American Workers, Taxpayers, And Sovereignty ※8 Pew Research Center:Facts on U.S. 日々のニュースで取り上げられないことがないほど、世界中で深刻化している難民問題。遠い海外の話と思われがちですが、日本にも2017年には年間2 難民問題は難民危機とも言われ、やむを得ず自国を離れた難民や国内避難民が生まれ、その結果として引き起こされる社会的または政治的な危機を指します。 さらに、住んでいた場所を追われ、難民または国内難民が避難中に起こる問題、そして安全な受け入れ先到着後に起こるできごとまでを含む場合もあります。 要約すれば難民または国内避難民に関する問題すべてを扱う言葉だと思ってもらうといいでしょう。 現在、世界の … EU News 33/2019 <日本語仮抄訳>3月の欧州理事会を前に、欧州委員会は本日、移民・難民問題への対処について、過去4年間の進捗状況を確認するとともに、緊急を要する、もしくは将来的に直面するであろう課題に対応するために依然として必要な措置を打ち出した。 難民問題とは何なのでしょうか?難民問題の現状や原因などを把握してこの問題に対する理解を深め、解決策を模索する手がかりにしてください。世界には祖国に住み続けることが叶わず、止むを得ず故郷を離れて海外を目指す「難民」が多くいます。特に近年は、各 ――2015年以降、ドイツが受け入れた難民・移民の数は何人か。正確に答えるのは難しいが、2015年9月以降の1年間で約80万人が入ってきたといえる。 難民問題とは、難民の保護・救済に関する問題です。主な原因は政治的な紛争や内戦、人種差別、宗教問題、自然災害などがあります。 難民問題は各国の状況によって異なるため、世界の難民の現状と生活についてわかりやすく解説します。 難民の定義、難民の現状、日本の難民支援などについて。AAR Japan[難民を助ける会]は1979年に日本で生まれた、政治・宗教・思想に偏らない国際NGOです。緊急支援・障がい者支援・地雷対策・感染症対策・啓発(国際理解教育)を中心に活動しています。

カトリック 教え 子供, オリックス 背番号 歴代 9, 日本サッカー 育成 課題, オリックス 抑え 2020, リオネル メッシ 年俸, スーパーホテル松本 天然温泉 諏訪の湯, 宇宙兄弟 主題歌 歴代, 日本シリーズ Mvp 480, キャップ 似合わない 顔でかい 女, プロ野球 寮 飯, ウイニングポスト9 子供 進路,